企業の業務効率化とJavaの関係

企業の業務のシステム化は一般的に行われており、多くの企業の業務がシステム化により効率的になっています。人の手で整理していたデータをシステムが自動的に分類し、さらに効果的な営業ができるようにデータを基に新しい提案を提示するといった付加価値も提供しています。
そのほかにも、人事管理や給与管理、経理などの多くの企業で共通的に行われている業務もシステム化されています。

そのようなシステムでは、複数のコンピューター同士がネットワークによって接続されて動作しています。
このときコンピューターの中で動いているプログラムは、Javaというプログラミング言語で記述されていることが多いです。
Javaはユーザーによるデータの入力などのクライアントサイドからのデータをサーバーで処理することが得意なプログラミング言語です。
入力データの加工やデータベースへの保存、データベースから読みだしてクライアントへ送るといった処理を行っています。

Javaは、オブジェクト指向という考え方にしたがって動作するように作られています。
オブジェクト指向とは、データ、データへのアクセス、処理というようにプログラムを役割で書き分けます。
オブジェクト指向に従ってプログラムを作成することで、プログラムの役割分担が明確になってミスをしにくくなるだけでなく、可読性が高まり、バグや修正が発生したときに対応が容易になるといったメリットがあります。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です