Javaの企業内システムにおける使われ方

数多くあるプログラミング言語のうちの一つに、Javaというものがあります。
Javaはインターネットのサービス、企業の業務システム、スマートフォンアプリなどあらゆるシステムの中で動いています。
初めてプログラミングを習得する人が取り掛かる言語によく選ばれ、コンピュータ系の学科の授業や一般教養の授業においても使われることもあります。

Javaの特徴的な点に、オブジェクト指向があります。
オブジェクト指向という考え方に則ってプログラムを作成することで、数万行から数十万行にもなるプログラムを作成する場合に、効果を発揮することができます。
Javaは例外処理が得意で、プログラムの処理の中でエラーが発生した場合に、エラーに対処する処理を作ることができます。

企業で使われているシステムの多くが、パソコンなどの端末からサーバーにアクセスして処理を行っています。Javaはサーバーサイドプログラムも得意で、クライアントから入力データを受け取ってデータ処理ができます。クレジットカードの決済システムやブログやSNSなどもサーバサイドプログラムの一つです。

Javaはスマートフォンのアプリにも使われています。
ゲームや写真撮影、SNS投稿などいろいろな機能を作ることができます。スマートフォンアプリの作成は、手元で動くものを作るまで短時間で作成可能であり、インタラクションなものを作れるため、プログラム初心者の方で取り組む方は多いです。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です