Javaに特化した企業とは

WebシステムにおけるJavaは、PHPやASPなどのコンパイルを必要としないプログラミング言語と比較すると、高度な技術が必要な言語であり、また開発にかかる時間も長く費用対効果が望めない言語と言われる時期がありました。
しかし、昔からJava言語を選択されるシステム開発が多い理由はなんだったのでしょう。
それは、Javaがあらゆる分野でサポートが厚く、強固なシステムが開発できるからであり、またJavaの特色の一つでもあるプラットフォームに依存しない言語だからです。

また、プログラム言語だけにとどまらず、その周りのツールが整っているのもJavaの魅力の一つでもあります。もちろん、Javaはコンパイラとメモ帳さえあれば開発は可能ですが、コーディング規約チェックツールやテスト・ツールなどが充実しています。
企業からすれば、言語の選択よりも、今回のシステムではどのツールを使用するか迷うほどです。
プラットフォームに依存しない言語のため、最近ではスマートフォンのアプリ開発にもこの言語を使用している企業が多いです。
また、この言語はC言語及びC++言語を多く引き継いでいるため、開発者に馴染みの深いコーディングで開発を行うことができます。

少人数の会社ではこの言語をチョイスすることは難しいとされていますが、大規模な会社であったり大規模プロジェクトであれば、この言語抜きでは考えられないはずです。
随時アップデートがされているため、新たな機能については常にリサーチしたいところでもあります。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です